ボトックスの効果を確認【首のシワを美容整形で解消】

やっておくと良い準備

医者

施術から帰宅までの流れ

筋肉の動きで刻まれる表情ジワの改善や、エラの張りを解消する小顔矯正、そしてふくらはぎの痩身治療など、美容整形外科では多彩な目的でボトックス注射が受けられます。どの治療を受ける場合でも準備を整えておくことが大切で、特にカウンセリングの時に話す内容をまとめておくのが肝心です。カウンセリングは治療方法の案内や、施術部位の診察を行うのと同時に、患者側の要望を医師に伝えるタイミングでもあります。限られた時間の中で、どんな風に整形して欲しいのか的確に伝える必要があるため、具体的に考えておきましょう。カウンセリングの最中に考えたのでは、咄嗟に上手く説明できなかったり、先生と話している内に会話が進み、重要なことを言い忘れたりする場合もあります。ですから質問などがある時も、紙などに書いて事前に準備しておき、カウンセリングの当日に持参するのがおすすめです。一方、メディカルローンを使ってボトックス注射を受けたい場合は、身分証明書や金融機関の口座番号、それに銀行印などを用意しておきましょう。そこで、ローンの取り扱いの有無も含め、申し込みに必要な物を予めクリニックへ確認しておくことも、事前準備として欠かせません。治療前のカウンセリングが終われば施術室へ案内してくれますが、シワ取りや小顔治療のボトックス注射を受ける時は、施術部位の化粧を落とすのが一般的です。その後、注射する部分の消毒を行い、クリニックによっては施術前の写真撮影が行われます。ボトックス注射による痛みや内出血などの発生を防ぐため、予め施術部位を入念に冷やしますが、クリニックによっては麻酔をしてくれる場合もあります。もしも麻酔クリームなどを使う場合は、皮膚にしっかり浸透するまで30分前後掛かるかもしれません。全ての用意が整いましたら、ボトックスを注射していき、殆どの場合10分程度の時間で完了します。治療が終わった後はメイクをしてご帰宅となりますが、もしも施術によって内出血が発生したならば、大抵すぐにアフターケアをしてくれるので安心です。クリニックによりましては内出血用の薬を出してくれることもあるため、事前に確認しておくと良いでしょう。細かな手順は各院で異なりますが、ボトックス治療は概ねこの流れで行われます。